TOP>製品案内>花火点火器

花火 点火器

V3 F10 600V
特長
 単三電池2個で動作します。
インバーターを内臓し600Vに昇圧、点火電源として使用します。
(単三電池1個で300Vとしても動作します。)

当社従来の、直列接続多回線機種とは異なり
本体からの直接配線式の中型機種になります。

出力電圧も600Vと高出力な機種です。
打ち上げ時に安全距離の必要な大玉やスターマインなども
安心してご利用いただけます。

操作

 メインSW=電源のON.OFFに使用します。
 キーSW=導通試験の際はOFFで行い、点火の場合は
ONにして使用します。

〜以下、使用手順〜
導通確認方法
   @キースイッチのキーが抜かれている事を確認する
   Aメイン電源スイッチをONにする
 (同スイッチ上部LED点灯)
   B本体左側にあるプッシュスイッチ(導通ボタン)を押す
   C導通のある回線、本体下側10個(点火ボタン)上にある
LEDがそれぞれ点灯する

 電気点火使用方法
   @キースイッチのキーが抜かれている事を確認する
   Aメイン電源スイッチをONにする
   (同スイッチ上部LED点灯)
   Bメインキースイッチにキーを挿し右に回す
 (同スイッチ上部LED点灯)
   C本体左側にあるプッシュスイッチ(導通ボタン)を押す
 (導通のあるチャンネル1〜10のLEDが点灯)
   D任意の点火ボタン(横列:1〜10)を押す
 (点火:導通のあったLEDが消灯)
   Eプログラム終了までCDの繰り返し
   Fプログラム終了後メインキースイッチを左に回し抜き
メイン電源スイッチをOFFにする

※導通感度が高いため点火後、点火口の状態
 によりLEDが点灯する場合があります。

<戻る> <ページTOP>


V2 R2K-60 エクスキャリバー
特長
 単三電池一個で動作します。
インバーターを内臓し300Vに昇圧、点火電源として使用します。
 *本体写真はオプションの外部電池30V装着時の物です*
操作
 メインSW=電源のON.OFFに使用します。
 キーSW=導通試験の際はOFFで行い、点火の場合はONにして使用します。
基本操作
 電池の残量を確認、ドラムや端末を接続し端末の切り替えSWをA〜Fの何れかにし点火玉をSETします。
 結線が確実であれば、本体のA〜FのボタンSWを押すと端末にセットされた数(1〜10)の導通ランプが点灯します。これで準備完了です。
点火
 点火はA〜Fのボタンを押すと設定した点火玉の数だけ(1〜10)導通ランプが点灯します。キーSWをONにしA〜Fの任意のボタンを押しながら(1〜10)横に並んだ点火ボタンを押すと点火します。
60回線セットに必要なもの
 本体−1・単三電池−1・ドラムコード30m−1・端末20回線x3又は10回線x6
 端末接続ケーブルは端末数

組み換えも可能

※端末は本体に合わせ低圧、高圧専用端末を使用下さい。
V2-R2K-60 60回線300V



インバーター付き 本体価格 
278,000
V2ーR2K シリーズ後期型

最大出力     300V  2A
30V  22Aの大出力 *オプション追加時
点火スピードは0.0001秒以内
本体外部出力コネクターx1


60回線用 追加30V仕様充電電池セット追加バッテリー&


ハーネスキット    希望小売価格 15,900−
  本体以外オプション
ドラムコード30m      54,000−
端末接続ケーブル5m    7,800−
端末接続ケーブル10m  10,800−
端末 10回路       28,000−
端末 20回路       43,000−
バッテリー30V       15,900−
(法定電圧30V、最大電流18A)

V2 R2K-300 エクスキャリバー
取り扱い説明書

<戻る> <ページTOP>


V2 RK-60 簡易型ロータリー式60回線
特長
 電源は9.6vニカド電池3本を直列配線使用し、軽量大電流を実現しております。

 表示LED部がバックライト方式になっており大変見やすくなっております。

操作
 メインSW=電源のON.OFFに使用します。
 キーSW=導通試験の際はOFFで行い、点火の場合はONにして使用します。
 ロータリーSW=本体操作盤左にあるツマミでA〜Fを切り替えます。

基本操作
 電池の残量を確認、ドラムや端末を接続し端末の切り替えSWをA〜Fの何れかにし、点火玉をSETします。
 結線が確実であれば、本体のロータリーSWを任意のチャンネルに切り替えると、端末にセットされた数(1〜10)の導通ランプが点灯します。これで準備完了です。
点火
 点火は本体のロータリーSWを任意のチャンネルに切り替えると設定した点火玉の数だけ(1〜10)導通ランプが点灯します。キーSWをONにし、1〜10の横に並んだ点火ボタンを押すと点火します。
V2ーR2K シリーズ後期型

最大出力     300V  2A
30V  22Aの大出力 *オプション追加時
点火スピードは0.0001秒以内
本体外部出力コネクターx1
  本体以外オプション
ドラムコード30m      54,000−
端末接続ケーブル5m    7,800−
端末接続ケーブル10m  10,800−
端末 10回路       28,000−
端末 20回路       43,000−
バッテリー30V       15,900−
(法定電圧30V、最大電流18A)
※上記エクスキャリパー等と共通です。
(耐電圧等若干の仕様の違いがございますが同価格です)

V2 RK-60 簡易型ロータリー式60回線
取り扱い説明書

<戻る> <ページTOP>


ウェーブ点火器
特長
 電源は、ニカド電池3本(約30V)を使用します。
本体にA−1からB−10までの20回線を搭載しております。

 スイッチの切り替えにより、任意タイミングによる順送り点火、0.01s〜9.99sまでの等間隔ウェーブ点火(1〜60回線)が可能です。
操作
 メインSW=電源のON.OFFに使用します。
 キーSW=導通試験の際はOFFで行い、点火の場合はONにして使用します。

 ウェーブ切り替えキーSW=OFFにて順送り点火、ONにてウェーブ点火します。

 セットSW=点火準備状態にします。(上部LED点灯)
 ファイアSW=順送り点火時、押すごとに1ステップ点火。
ウェーブ点火時、押すとウェーブスタート。全回路点火後ストップします。
 タイマ用サムホイールSW
=001→0.01s 999→9.99s
 導通確認用ロータリーSW=A〜Fの導通を確認したいチャンネルに任意に変更すると、1〜10の導通のあるチャンネルのLEDが点灯します。
接続方法
 端末に付きましては、上記エクスキャリバーと同様に数珠繋ぎ状に接続いただけます。各端末のチャンネルを任意に切り替えることで色々なパターンのウェーブを演出する事が出ます。

他点火器からの入力
 本体左側面にある端子に、他点火器の出力を差込む事で信号入力しウェーブ点火をコントロールする事が出来ます。
本体以外オプション

※上記エクスキャリパー等と共通です。

<戻る> <ページTOP>


小型点火器
300V 小型点火器 2ch点火
電源電圧 1.5V単三乾電池 1本
出力      300V 2A

電気点火線使用時最大抵抗300オーム

(理論上、1Ω点火玉300個直列配線点火可能)
※キースイッチ付き
9v 小型点火器 1ch点火
電圧 9V 006P乾電池使用
最大電流5.5A (アルカリ新電池使用時)

電気点火線使用時最大総抵抗10オーム

学校行事等の音花火点火に最適です。
(2ch点火もご用意いたしております。)

※キースイッチ付きも御座います。
9v 小型点火器 2ch点火
電圧 9V 006P乾電池使用
最大電流約5.5A (アルカリ新電池使用時)
電気点火線使用時最大総抵抗10オーム

小型点火器 取り扱い説明


※キースイッチ付きも御座います。
9v 小型遠隔点火器 1ch点火
電圧 9V 006P電池使用 (ニッカド電池使用9.6V仕様あり)
最大電流15〜20A電気点火線使用時最大総抵抗10オーム (並列接続20本)

最高到達距離(見通し300m)
実用距離30〜50m

送信機メモリー回路付きで無限大に同発可能!

小型遠隔点火器 取り扱い説明
300v 小型点火器 2ch
電源電圧 1.5Vアルカリ 1本
出力      300V 2A

電気点火線使用時最大抵抗300オーム
(理論上、1Ω点火玉300個直列配線点火可能)


その他旧型改造など

旧型等のマイク製品を、改造・改良等承っております。
お気軽にお問い合わせ下さい。

※多回線点火器等1〜2年に一度総点検をお勧めいたします。

<戻る> <ページTOP>

その他過去のラインナップ

色々な声をお聞かせ下さい
マイクは皆様のアイデアを形にします。
当社では花火用点火器、バイク・車のパワーアップアイテム、.各種マイコンの作成、自動走行、ロボットから
結婚式やコンサートでの演出用システムまで幅広く製品開発・販売しております。
どうぞごゆっくりご覧になっていただき皆様の声をお聞かせください。

カウンター人目のお客様です

mic@jp-mic.co.jp
有限会社 マイク
Copyright(C)2008 JP-MIC Corporation. ALL right reseved.